こんにちは。相続・資産税課です。
今回は、税理士に相続税相談をする時に準備したほうがいいものをテーマにお話したいと思います。

当社の相続税無料相談をご利用いただく際、
「何を持ってきたらいいですか」とご質問をいただくことがあります。

手ぶらでご来社されても、ご相談いただけますが、
いくつかご準備いただいた方が、より具体的にお話することができます。

 

相続税申告・相続手続きに関する相談

相続税申告のご依頼/相続税がかかるのか申告が必要なのか相談したい/相続手続きに関する相談をご希望でしたら、次のものをご用意いただければお話がスムーズです。

  • 亡くなった人を中心とした親族関係図
  • 亡くなった人名義の財産内訳(預貯金、不動産、有価証券、生命保険など)をまとめたメモ等
  • 亡くなった人名義の不動産の固定資産税評価証明書又は名寄帳
  • 遺言書
    ※亡くなった人が自ら書いた自筆証書遺言は、管轄の家庭裁判所で「検認の手続き」をとらなければなりません。発見した遺言書は開封してはいけません。万が一、遺言書を偽造や破棄した相続人は、相続権も失ってしまうので気を付けてください。

また、相続税申告には期限がありますので、
ご用意が難しく時間がかかるようでしたら、
まず税理士へ相談してみるのも一つの方法です。

 

生前の相続税対策、もしくは贈与に関する相談

生前の相続税対策や財産の贈与をご検討の場合は、可能な範囲で、
ご自身(財産を渡す側)が所有している財産について
次の資料をご用意いただければお話がスムーズです。

  • ご自身を中心とした親族関係図
  • 財産内訳(預貯金、不動産、有価証券、生命保険など)をまとめたメモ等

 

相続税の税務調査に関する相談

相続税税務調査の依頼を検討している、
税務署から調査のお尋ねが届いた場合は、
次の資料についてご用意いただければお話がスムーズです。

  • (すでに相続税申告書を提出している場合)相続税申告書の控え
  • (相続税申告書未提出の場合)亡くなった人の財産をまとめたメモ等

 


いかがでしたでしょうか。

今回ご紹介したものは、
あくまでも、「準備しておくと、話がスムーズになる」というものです。
準備することが難しいようであれば、まずは税理士へ相談してみるのもひとつの方法です。
あまり悩み過ぎて抱え込まずに、お問合せいただければ幸いです。

ご不明な点などありましたら、相続・資産税課まで、お気軽にお問い合わせください。
以上、税理士法人武内総合会計 相続・資産税課でした。