相続の承認と相続放棄

情報更新日:2019年02月07日

相続、3つの選択肢

相続、3つの選択肢

財産というと、一般的には価値あるものというイメージがあります。
しかし、相続財産を指す場合、現金や預貯金、不動産などのプラスになるものと、借金やローンなどのマイナスのものとがあります。
相続に際してプラスの財産よりマイナスの財産の方が多い場合や、マイナスの財産しかない場合は、相続した人が債務を引き継ぎ返済していくことになってしまいます。そのような悲劇を防ぐための方法もありますので安心してください。民法には3通りの相続の仕方が示されており、相続人は自分達の意思で選択することができます。

単純承認:全ての財産を引き継ぐ

被相続人の財産の全てを継承するのが「単純承認」です。この方法を選ぶ場合、特別な手続きは必要ありません。相続の開始から3カ月間、他の方法の手続きを行わない限り、自動で単純承認を選択したことになります。注意しなければならない点は、マイナスの財産を相続する場合、プラスの財産の中から優先して借金の支払いに充てる義務があることです。

相続放棄:全ての財産を引き継がない

被相続人の財産の全てを放棄するのが「相続放棄」です。マイナスの財産がプラスの財産よりも多い場合の選択肢として意味があります。
相続の開始から3カ月以内に、「相続放棄申述書」を家庭裁判所に申し立てます。これは、相続の権利を放棄するという意思表示になり、裁判所から認められると相続人ではなくなります。
被相続人の負の遺産を背負わされることはなくなります。相続人が複数いる場合は、注意が必要です。

限定承認:債務の支払責任をプラス財産の範囲内にとどめる

マイナスの財産を、プラスの財産の範囲内のみで支払うという条件付きの相続方法があります。これが「限定承認」です。被相続人の遺産が、プラスが多いのかマイナスが多いのか見当がつかない場合にとても有効です。相続の開始から3カ月以内に、「限定承認申述書」を家庭裁判所に申し立てます。

万一、その後すべての財産を洗い出し、借金しか残らないことが判明しても支払い義務はないので安心です。債務を完済しても財産がプラスとなった場合は、もちろん受け取る権利があります。
注意点としては、手間と時間が非常にかかるというデメリットがあること、全ての法定相続人が手続きを取らなければならないことなどです。

出張相談も対応 無料相談実施中
  • 相続税の申告が必要かわからない
  • 税務署から相続税のお尋ねが届いた
  • 相続税はもっと節税できる?
  • 相続財産に家や土地がある
  • 事業承継についても相談したい
  • 相続税に強い税理士を探している

など、どのようなお悩み相談でも結構です。
あなたからのお問合せをお待ちしております。

電話での受付・お問合せ
フリーダイヤル 0120-920-806
受付時間/平日9:00~18:00・土日対応(要予約) 
税理士法人武内総合会計 相続・資産税課まで
アクセスマップ

【福岡本社】

〒810-0073
福岡県福岡市中央区舞鶴2丁目8-20
TEL:092-781-0490 / FAX:092-781-0353

地下鉄赤坂駅徒歩5分 / 駐車場完備
事務所案内・アクセスガイド
アクセスマップ

【鹿児島事務所】

〒892-0848
鹿児島市平之町9-35 エルシオン平之町
TEL:099-248-8778 / FAX:099-248-8751

鹿児島市電 加治屋町駅より徒歩5分 / 駐車場完備
事務所案内・アクセスガイド
アクセスマップ

【宮崎事務所】

〒880-0803
宮崎県宮崎市旭2丁目1-5 長友総研ビル2階
TEL:0985-77-5477 / FAX:0985-77-5470

JR日豊本線 宮崎駅より徒歩約13分 / 駐車場完備
事務所案内・アクセスガイド